不具合対策 ショートショット

ショートショットの対策について一般論ですがまとめてみます。ショートショットは何らかの原因で溶融樹脂が金型の末端部まで流れる前に固化してしまう現象です。成形トライなどで条件を作っている場合は色々な角度から原因を想定する必要があります。一般に確認すべき項目は以下の通りです。

スポンサーサイト


・金型温度が低かったり、樹脂温度が低い(溶融樹脂が途中で固まる)

・射出速度が遅かったり、保圧が低すぎる(溶融樹脂が途中で固まる)

・スプルー、ランナー、ゲートのサイズが小さい、長すぎる(流れるときの抵抗が高すぎる)

・リブなどの形状部でガス抜き設定がされていない

 (空気がたまって溶融樹脂が入れない)

・射出圧力設定が低すぎたり、そもそも計量が足りていない

(きちんと設定速度が出てないか、材料がそもそも足りていない)

・ノズル部で樹脂が漏れていたり、逆流防止リングで逆流している

(樹脂が金型に流れていかない)

・ガスの抜けが悪かったり、型締め圧が高すぎたり、射出速度が速すぎる

(この場合はガス焼けに近い現象)

スポンサーサイト


不具合対策TOP

TOP