品質管理の基礎について




プラスチック射出成形で製品を作る作業において、その製品の品質を管理するということは、とても重要な要素の一つです。

一般に製造業ではQCDと言って、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)をきちんと管理することが求められます。

広義の意味ではこれらQCDすべてをきちんと管理することが品質管理です。また狭義の意味ではこの中のQ(品質)にフォーカスして管理することが品質管理になります。

ここでは品質管理の基礎の基礎を、少しでも理解していただくために、以下の内容に基づいて説明をしていきます。

1.品質管理の全体像

2.品質管理の考え方

3.品質を維持する活動

4.品質を改善する活動

・QC7つ道具

・QCストーリーに基づく活動事例

5.品質管理の資格

なお、このサイトはグーグルアドセンスの広告収入で運営されています。