射出成形機の動作について

次に成形機の動作を順に追って、どのような工程が行われているかを確認しましょう。

スポンサーサイト


 

成形機は型締装置と射出装置で構成されているため、それぞれの工程がどちら側の装置で行われているかというのも理解する必要があります。それでは順を追ってみていきましょう。

①型閉じ : 成形機が金型を閉じる(型締め装置側の動作)

②型締め : 閉じた金型に圧力をかけて保持する(型締め装置側の動作)

③射出 : 計量しておいた樹脂を金型内に射出する(射出装置側の動作)

④保圧 : 射出終了後に継続して材料に圧力を加える(射出装置側の動作)

⑤冷却と計量 : 冷却は金型を閉じたまま一定時間保持する事。この間に次の射出に使う材料を計量する(冷却は型締め装置側、計量は射出装置側の動作、一般的には冷却が終わっても計量が終わらないと次の工程には進めない)

⑥型開き : 金型を開く(型締め装置側の動作)

⑦突出し : 製品を突き出して取り出す(型締め装置側の動作)

この一連の工程を繰り返して製品は作られます。成形条件を考える場合はこの流れを頭に入れておかないと混乱するのでよく覚えておきましょう。

 

スポンサーサイト


TOP