5.品質管理の資格




品質管理の資格には品質管理検定(QC検定)という日本規格協会が主催する資格試験があります。

1級、准1級、2級、3級、4級、という区分に分かれており、年に2回ほど試験が行われています。

製造業においては、品質管理の知識はすべての従業員が知っておくべき知識のひとつだと思いますので、できれば職場のリーダークラスはQC検定3級ぐらいを持っているのが望ましいのではないでしょうか。




 

QC検定(日本規格協会へのリンク)

 

QC検定受検テキスト3級新レベル表対応版 わかりやすいこれで合格 (品質管理検定集中講座) [ 細谷克也 ]

過去問題で学ぶQC検定3級(2018年版) [ 仁科健 ]

 

なお、本サイトの品質管理のページで使用している図などは日本規格協会の資料より引用してます。