ABSをパージしてPEに置き換える色替え作業

ABSで成形が終了したらPEに置き換えます。最初にホッパーに残っている材料をすべてパージします。

スポンサーサイト


・最初にシリンダー温度は下げない

・ABSを抜いた後、PEを投入して最初のパージは無背圧低回転で計量して低速低圧で射出します。

・その後、射出は高速高圧に切換え、計量は高回転で背圧ありにしてパージを繰り返します。

・数回パージをしたらシリンダー温度設定を下げましょう。

・必ず手動モードでパージします。そうしないと背圧がかからず材料替えが上手くいきません。

パージが終了したらショートショットを二つ作ります。そして検定員にパージ終了報告をします。この時、無背圧に設定してパージを2回ほどしてから行うとパージした樹脂がきれいに見えるそうです。これは背圧がかからない状態で計量するため、スクリューやシリンダーにびりついているABSなどををひっぱてこないためだと思われます。

スポンサーサイト


技能検定TOP